トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢と考える風アベノミクス!

風俗嬢と考える風アベノミクス!

世の中の事に目を向けていれば、自分の自己防衛策にもつながるのだ。
最近、政治のネタでアツいのは、やはりアベノミクスの3本の矢。一体、どういうものなのか、風俗嬢にもわかりやすく解説したいと思います。

風俗嬢であっても、接客業である以上政治や経済の事にも目を向ける必要がある。

アベノミクスの3本の矢とは??
新聞やニュースを見ない風俗嬢が多いので、この話題についても知らないという人が多いようです。
3本の矢と言えば大胆な金融緩和、積極的な財投、成長戦略が掲げられていたが、物価上昇率に象徴されるように明確な「日本経済回復」というゴールにはいまだたどり着いていない。

だから目先を変えてというわけではないが、今年9月に安倍首相は経済に活力を与えるための「新3本の矢」を発表、これが株式市場でも折に触れ物色テーマとして注目されている。
新たな3本の矢は名目GDP600兆円達成に向けた強い経済、出生率1.8への回復を目指す子育て支援、介護離職ゼロを目指す社会保障である。
このうち、もっとも相場のテーマ材料として分かりやすいのが「子育て支援」だ。
これは、安倍政権が謳う「一億総活躍社会」の実現や、今の時流である男性の育児促進、いわゆる「イクメン」などとも絡み、収益チャンスを関連企業に与える可能性が高い。
出生率を1.8まで高めるためには、待機児童解消に向けた取り組みや、幼児教育の無償化、子どもの多い世帯への政策的支援などが骨子となる。
実際のところ、

今年4月時点では待機児童数が2万3000人強と5年ぶりに増加している。子育てをする風俗嬢にとっても、とても深刻な現状である。
子育て支援制度への期待から潜在需要が掘り起こされたことが数字に反映されたとはいえ、今後保育の受け入れ枠拡大などの施策は政策当局側としても急務である。また、これを商機とする企業の成長期待も膨らむことになりそうだ。
関連銘柄としてまず浮かぶのが保育施設の運営企業。JPホールディングスは首都圏中心に認可・認証保育所を幅広く展開、塾運営などの新規事業開拓にも期待。サクセスホールディングスは民間施設の受託運営を手掛ける。

また、育児用品大手のピジョンも保育所や病院内の託児所などを展開する。
このほか、幼児教育関連として幼稚体育指導を手掛ける幼児活動研究会や幼稚園向けの音楽や教育サービスに参入する学研ホールディングス、乳幼児からの通信教育で強みを持ち、公立保育園の運営受託や認可保育園なども展開するベネッセホールディングスも注目。
アベノミクスの恩恵は??
とても好調にみえるアベノミクスではありますが、庶民の暮らし向きは一向に良くならないのが現状のようです。

総務省の家計調査によると、今年3月の家庭の消費支出は独り暮らしを除く世帯で
31万7579円。
物価の影響を除いた実質増減率は前年同月を10.6%下回った。今の統計の取り方になった2001年以降で最大の下げ幅。昨年4月の5%から8%への消費税引き上げが大きく響いており、駆け込み需要の反動が出た格好だ。実質の消費支出は12カ月連続のマイナス。

安倍首相の経済政策アベノミクスで大きく改善したのは株価、不動産価格、輸出企業の収益、失業率。中国を中心としたアジアの「爆買」観光客も大挙して日本にやってきた。
しかし、ロンドンの邦銀関係者、アナリスト、日本企業関係者に尋ねると、
輸出企業の賃金は一時的には上がっても、日本国内への投資はあまり期待できないと口をそろえる。
賃金が持続的に上昇しない限り、消費も増えず、国内投資も増えない。
景気の好循環は日本では起きていないというわけなのです。
景気の動向をみることで、風俗嬢も時代を先読みすることができます。
株や貯蓄などにも反映していく、経済事情を今後とも勉強していきましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP