トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗で通用させる!稼げるトーク術

風俗で通用させる!稼げるトーク術

風俗店で必要なスキルは、サービスのテクニックだけではありません。
お客さんとの会話、すなわちトーク術も必要になってきます。
稼げるトップ風俗嬢は、いつも笑顔を絶やさないトーク術もバツグンな女の子なのです。
では、どうしたら今よりもっと稼げるようになるのでしょうか?

なかなか稼げず伸び悩んでいる方は、自分のトーク力を見直してみるのもいいかもしれません。風俗店に来るお客さんをサービスだけでなく、トーク術で心の距離を縮めて指名率アップを目指しましょう!
今回は、お客さんとの心の距離を縮めるトーク術のすすめをご紹介していきます。

丁寧な言葉使いでゆっくりと話す

トークだけで相手に自分の魅力を伝えるには、正しい日本語でゆっくりと言葉を話すこと。
早口でせわしない話し方は嫌厭されがち。単語の言いっ放しや現代風の略語は控えましょう。
言葉の最後にはしっかり「です」「ます」と丁寧語を話します。いきなりタメ語で話されて不快に感じるお客さんもいらっしゃるので、距離感を計って話し方は考えましょう。
語尾をきちんと伸ばさずに締めることで、相手にスマートな印象を与えます。

相手を観察して褒めてあげる

風俗店にいらっしゃるお客さんはもちろん初対面。
話をしながら・聞きながら相手のもっている雰囲気、見た目の印象や表情をしっかり観察します。
わずかな時間の中で相手の良い所を見つけて褒めてあげてみてください。
より一層仲が深まると同時に、「あの子はこんなことを言ってくれた」と記憶に残りやすくなります。

声のトーンをワントーン上げて元気良く話す

人は声のトーンが低いと相手に暗そうな印象を与え、トーンが高いとハキハキした元気な印象を与えます。
接客だけでなく、普段から会話でトーンを高めに話すなど意識することも大切です。
習慣づけることで、自然に心地の良い人を引きつけるトーク術が身に付きます。

自分から積極的に話しかける

相手に嫌われてしまわないかと遠慮するのではなく、相手に興味を持ってこちらから話しかけてみることも、稼げる風俗嬢としての素質です。
それと同時に、お客さんが話しやすい空間をさりげなく作ってあげることも気遣いの一つです。

雰囲気づくり一つで、相手が感じる馴染みやすさは変化します。いかがでしたでしょうか?
会話のきっかけはどんなものでも構いません。
お客さんはもちろんですが、お店のスタッフなど身近な人へ率先して話しかけてみましょう。
信頼関係が生まれ、あなたの好感度とトーク術もUPしますよ!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP