トップページ > 広島風俗特集記事 > マイナンバー制度で風俗で働いていることはバレる?

マイナンバー制度で風俗で働いていることはバレる?

最近話題になっているマイナンバー制度。どんな仕組みかしっかり理解していますか?
マイナンバー制度が搭載されることで、風俗店働く女性にどんな影響が起こるのでしょうか。
「風俗店で働いていることが知人バレしているのではないか?」「税金関係はどうなるのか?」など悩みは多いと思います。
今回は、マイナンバー制度についてお話していきたいと思います。

マイナンバー制度ってなに?

マイナンバー制度とは、簡単に言うと住民票を持っている全ての人に対して一人に一つずつ番号を付けることで社会保障や税、災害対策などに関して適切に対処できるように管理します。
いくつもの機関にある個人情報が同じ人物の情報だということを確認するために使用されます。

所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、個人が困っているときにも各要所でより確実で安心な支援を受けられるようになります。

また、行政機関や地方公共団体において記入、転記など個人情報を記載する際にかかる時間や手間が省くことができます。
つまりマイナンバー制度は、国民一人一人を特定・管理することができる制度です。

風俗で働いていることがバレることはある?

今の段階で家族や知人に風俗店で働いていることがバレるという可能性はありません。風俗店に国税が入ったとしたら従業員の細かい情報が税務署に送られることはありますが、今までに女性個人にまで税務調査をしたという例はありません。
なので、風俗店で働いているということを税務署に提出する必要はないといえますが、心配な場合はお店のスタッフに聞いてみましょう。届け出を出している優良店であれば問題はないです。

一般的に風俗店では、どの子がどれだけ稼いでいくら支払ったかなどはしっかり記録・管理しています。
しかしこれは風俗店側が個人的に保管しているだけなので、国に提出するという必要はないのです。
お店によってマイナンバー制度の対策はとっているので、不安な場合はスタッフに明確になるまで質問すると安心です。

広島風俗求人サポートでご紹介している風俗店は全て優良店なので、女性が安心できるお店探しをサポートしています。

最後に

風俗店で働いていることがバレないという理由に、日本国は性犯罪の観点から風俗業界の全てを否定できないという点があります。
風俗店がなくなれば性犯罪は著しく増えてしまう可能性が出るのです。

万が一このマイナンバー制度について改変があった場合は、対応していく必要はあるので理解しておきましょう。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP