トップページ > 広島風俗特集記事 > お客さんに好意を持ってもらうには

お客さんに好意を持ってもらうには

風俗店でのお仕事は、あなたが思っている以上にさまざまな人に見られています。お客さんと初対面したとき、サービス中の表情や声、普段の会話のトーン、お別れのときのお見送り…。
これは全ての風俗業種に当てはまることと言えるでしょう。

風俗店だけでなく、一般のお店でも細かいところを見るお客さんは「あのお店の店員の態度が悪く居心地が良くなかった」「接客の質が悪かった」など感じることもあります。
「態度」「表情」「接客マナー」は特に見られているポイントとしてあげられます。それだけ人に見られるということは、他の人とも比較されてています。
お客さんと至近距離の接客を行う風俗店では、常に「人に見られている」という意識は忘れないようにしましょう。

恋人同士の雰囲気を作る

風俗店に来られるお客さんは身体を癒してもらうだけでなく、まるで「恋人同士」と思ってしまうほどの甘い雰囲気を求めています
そのため、お客さん一人一人に「おっ、この子いい子だな」と思われるようなきっかけを作ることも大切です。

普段お客さんに対して行っている接客の中に、気の利いた動きを少し入れるだけで印象に残りやすいもの。
プレイ中にお客さんの傾向やフェチを見つけて、会話やプレイの中に仕草を取り込む。細かく難しいことではありますが、小さな変化でもお客さんはしっかり見ているものです。

これがお客さんにとってあなたに何かをしてくれたきっかけになります。
このような小さい仕草や言動だけでもお客さんの記憶には残って「またこの子に会いに来ようかな」「この子ともっと仲良くなりたいな」という好意が芽生えてくれれば、本指名につながりますよ!

大事なのはテクニックだけではない

お客さんが風俗店の女性に好意をもつ瞬間は、単純に「テクニックが上手いから」ということではありません。
風俗店ではお客さんに対する思いやりや気遣いも重要になってきますので、テクニックや知識がないからと萎縮してしまう必要はありません
お客さんを楽しませる、満足してもらえるようにと接客を行っていれば、それに答えてくれます。
いかがでしたでしょうか?
初めてお仕事をする方は難しいかもしれませんが、焦らずにあなたのペースやり方で慣れていきましょう!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP