トップページ > 広島風俗特集記事 > ネイルはNG?欠かせない爪のケア

ネイルはNG?欠かせない爪のケア

第一印象は服装の身なりや化粧、表情で決まります。
一日に何人もお客さんの相手をする風俗のお仕事をしていると、常に清潔にしておく必要がありますよね。
特に服装(衣装)はお店のコンセプトや自分のイメージに合わせて選ぶと思います。

特にネイルは女性ならではのオシャレ。
爪のケアは美しい女性であるために欠かせませんよね。
しかし風俗業界でネイルをばっちりするのはあまり良く思われません。
お店によってはネイル自体がNGの場合もあるほど。

では、なぜ風俗店でネイルがNGなのでしょうか?

風俗店でネイルができない理由

女性の大切なオシャレのひとつでもある、ネイル。
手だけでなく足の爪までばっちりケアをしている女性もいます。
よく見られる部分だからこそ、爪のケアも含めて綺麗に可愛くネイルしたいのが本音。
しかし風俗店ではネイルをしていると嫌厭されてしまいます。
その理由は、風俗店ならではの接客のスタイルにあります。
どんなにソフトサービスの風俗店でも手を使うサービスがあるため、男性の体や性器などに触れる際に爪が長かったりデコレーションがあってはケガをさせてしまいます。
お客さんにケガをさせてしまうと、爪のケアが出来ていないという観点から、そのお店の営業の「衛生管理」に問題が生じます。

爪が長く清潔にしていない場合、出勤できない場合もあるほど。
出勤の前には事前に爪のケアはこまめに行いましょう。
仕事に支障がおよばない範囲であれば、ネイルは基本的には問題ありません。
面接や体験入店の際などにお店のスタッフに確認しておきましょう。

実は爪のケアは化粧と同じくらい大切!

このように、毎日の爪のケアはとても大切です。
人に触れたり、触れられることが多い風俗店だからこそ、マナーを守ってお仕事をしましょう。
爪磨きだけでも、光沢が出て来て綺麗になります。
お客さんを傷つけてしまってはクレームやお店の評判を悪くしていまうので、適度にオシャレを楽しむのも風俗嬢としての楽しみ方なのかもしれません。

オンとオフを切り替えて、プライベートで思いっきりネイルを楽しむのもいいでしょう。
円滑にお仕事を進めるためにも、爪のケアを行ってみてはいかがですか?

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP