トップページ > 広島風俗特集記事 > 「冷え性」にならないように

「冷え性」にならないように

裸になったり薄着になる風俗嬢は、体が冷えやすいのが悩み。
少しでも冷えにくい体になるよう、生活習慣を見直してみましょう。

まず、冷えの主な原因は、基礎代謝量が落ちていること、筋肉量が落ちていること。
それが元で体が冷えてしまい、風邪をひきやすくなったり、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。肌あれにもなりやすいので、冷えはいろんな意味でマイナスなのです。

おなかを温める

では、冷え性にならないようにどんなことを心がけたらいいのでしょうか。まずは、おなかを温めることです。よく冷え性の方で手足を温めている方がいますが、実はおなかを温めるほうが効果的なのですよ。
おなかには免疫力を高める細胞が集まっているので、おなかを温めることでかなり緩和できるのです。最近はかわいい腹巻や腹巻付きパンツなども売っているので、オフの時間はできるだけおなかを温めるよう心掛けてみてください。

冬の旬の食材を食べる

冬の旬の食材といえば、白菜や大根、かぶなど。これらの冬野菜は、体を温める作用があります。
反面、レタスやきゅうり、トマトなどの夏野菜は体を冷やしてしまうので、積極的に食べるなら冬の食材にしましょう。もし、夏野菜を食べたいときは、生野菜でサラダにするのではなく、
蒸したりオーブンで焼いたりするのもおススメですよ。

料理を作るのが大変なら、具だくさんのおみそ汁はいかがでしょう。冬野菜をたっぷり入れた豚汁は、体があったまるしお通じにもいいですよ。

お風呂に入る

シャワーですませずお風呂に入ることで、汗をかくし、代謝がアップします。
運動する時間がなくてもシャワーをすることで代謝がアップするならば、毎日お風呂に入りたいですね。お気に入りの入浴剤を買って置いたり、お風呂の時間が楽しくなるような工夫をして、お風呂で汗をかく習慣を身に付けるのです。

締め付けない服装で

家にいるときは、ゴムがきつくない、締め付けない服装が一番。体を締め付ける服装は、血行が悪くなってしまいます。血行を良くするためには、締め付けない服装でリラックス。
そして、寒いからといって暖房をつけたままにすると乾燥してのどが痛くなってしまうので、暖房もほどほどに。

風俗の仕事は、疲れもたまるので、自分の体をいたわってあげたいですね。自分の体を気にかけることで、冷え性を防ぐこともできます。どれも簡単にできることばかりなので、ぜひ実践してみてください。
冷え性知らずの体を目指してみませんか?

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP