トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢と肋間神経痛

風俗嬢と肋間神経痛

胸や脇あたりが突き刺さるような激しい痛みに襲われたことはありますか?それは、 肋間神経痛というものです。
誰にでも起こりうる症状で、もちろん風俗嬢にも・・・。
痛みは、数分で治まりますが、原因不明なこともあり、なってしまったときの適切な
対処が重要です。
肋間神経痛とは?
一度、
経験したこともあるという風俗嬢もいるとは思いますが、肋間神経痛とは、 肋骨に沿って走る肋間神経が何らかの原因で痛む症状のことです。
人間には、心臓や肺といった重要な臓器を守るために、背中から胸の前面を囲むように12本の肋骨が延びています。
肋間神経は、背骨の中を通る脊髄から出て、左右12対の肋骨に沿って延びる神経です。
肋間神経痛は「頭痛」「腹痛」と同じように症状の名称であり、病名ではありません。
肋間神経痛は、何かの原因で肋間神経が激しく痛む症状をいいます。
一般的には、身体をねじる、深呼吸や咳をする、大声を出すといった肋骨の動きによって痛みがひどくなったりします。

肋間神経痛の原因は??

肋間神経痛には、肋間神経には全く異常がなく原因が不明の原発性肋間神経痛と、病気やケガなどが原因となっている続発性肋間神経痛とがあります。
続発性肋間神経痛は、肋骨の骨折やヘルニア、胸椎の圧迫骨折といった外傷,ヘルペスウイルスによる帯状疱疹、内臓疾患、腫瘍などにより生ずると考えら
れています。
ストレスによる冷えや肩こりなどが原因となったり、不自然な姿勢をとったとき、運動不足や疲労によって神経が骨や筋肉に絞めつけられることなども原因となります。
原因が様々であるために、風俗嬢でも肋間神経痛になる可能性は、 とても高いといえます。
また、肋骨を支える肋間筋は、息を吸い込む時に胸郭を大きく広げるための外肋間筋と、息を吐き出す時に胸郭を縮めるための内肋間筋とでできています。
デスクワークなどで同じ姿勢を続けて肋間筋が固くなってしまうと、肋間神経を圧迫して肋間神経痛を引き起こすことがあるので、注意が必要になってきます。

肋間神経痛を予防しよう!

肋間神経痛の原因の1つにストレスがあります。ストレスが多い風俗業。
ストレスを解消することで背中などにかかる緊張が解け、肋間神経痛の症状が軽減する効果がありますので、自分に合ったリラックス方法を見つけてみましょう。
また、胸や背中に負担がかかるような姿勢を長時間続けると、肋間筋が固まって
しまいます。
同じ姿勢を続けないようにしましょう。ラジオ体操のように大きく胸を広げて深呼吸することも肋間神経痛の予防として有効です。
骨粗しょう症が原因となっている場合、骨がもろくなっていますので、カルシウムを積極的に摂取する必要があります。
カルシウムはビタミンDと一緒に摂取すると吸収率が向上します。
また、風俗店は冷房をガンガンにしていることも多いので、肩などを冷やさないように
することも大事!
お客様からすすめられても、冷たい飲み物などを取りすぎると、自律神経の乱れに繋がって、肋間神経痛を発症する場合もあります。 予防対策をしっかりして、しっかり風俗業をこなしていきましょう!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP