トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢と足底筋膜炎

風俗嬢と足底筋膜炎

足底が痛いとお悩みの風俗嬢・・・。それは、足底筋膜炎ではありませんか?
歩くのにも、痛いということでは大好きなハイヒールもお預けになってしまいますね。
ひどい風俗嬢だと、足を地面につくだけで痛くなり、怖くて足をつけないという
状況になってしまいます。
あなたは、大丈夫??

足底筋膜炎とは??

そもそも足底筋膜炎とは何という風俗嬢もいるかと思いますが、今風俗嬢の間でとても
多い疾患です。

やはり、ハイヒールを長時間履いていることが原因だと思われます。
足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気です。
多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こります。
主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツをしている風俗嬢に多いです。
なぜ、ハイヒールを長時間履くと痛くなる??
足の裏には、「足底筋膜」というかかとの骨と足先にある骨をつなぐ扇状の膜のようなものがあります。
この筋肉が歩く時やジャンプした時に伸び縮みして足の裏にかかる衝撃を受け止めています。
しかし、足底筋膜炎の状態は、この足底腱膜が「硬くなること」で、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりする時に、本来柔軟に伸び縮みする足底腱膜が上手く伸び縮みが出来ずに無理にギュッと引っ張られて足底筋膜がくっついている場所である、踵や親指の下辺りに「微細断裂(微細な肉離れのような状態)」が起きて痛みが出ます。
踵や親指の下辺りではなく、両端が引っ張って真ん中が微細断裂して痛くなることも
多いです。
さらに、レントゲンをとると「足の裏の骨がトゲ(骨棘)のように飛び出ている」と
言われる方もいます。
「このトゲが痛いのでは?と」思いがちですが関係ありません。
トゲが飛び出ていても痛くない方は痛くないのです。
トゲが飛び出てくるのも、骨を筋肉が硬くなり引っ張り続けているためです。
もう少し、詳しく説明すると筋肉は骨にくっついているのではなく、骨をおおっている膜(骨膜)にくっついています。
筋肉がこの骨膜を引っ張り続けるとトゲのように出てきて、そのまま固まってトゲ(骨棘)になります。

足底筋膜炎になりやすい風俗嬢は?

それは、足のアーチがない人です。
人間の足には、3つアーチが備わっています。
このアーチの特徴は、「上からかかる圧力でさらに強度が増す」ことです。なので、橋などもアーチの形をしています。
アーチの形をしている橋は、上から人が乗れば乗るほど強度が増して壊れにくいのです。
昔の人々が足底筋膜炎にならない理由は、日常生活でくつを履かずにいた事で、アーチの強度、アーチの機能が現代人とくらべて高いのです。
しかし、私達風俗嬢は、どうでしょうか?家の中では靴下やスリッパを履き、家の外ではくつを履き、スポーツ時にはクッション性の高いシューズ、インソール・・・。
常に足が守られている状態です。守られすぎて弱っているのです。
この状態で生活をすると足の機能が働かず筋肉がすぐに硬くなりやすいのです。
足底筋膜炎にならないためには?
風俗の仕事を終え、
帰宅後すぐにストレッチをすること。足の指でグーチョキパーをしてみたり、ハムストリングをほぐしたり、足の指でタオルを手繰り寄せる運動をして
みたり・・・。
入浴後、一日10分マッサージやストレッチを行ってみてください。
効果大ですよ!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP