トップページ > 広島風俗特集記事 > 風俗嬢におすすめな映画

風俗嬢におすすめな映画

この秋、のんびりゆっくりしたい時には映画鑑賞。
普段は、外出している風俗嬢もこの秋は、おうちで自分時間を満喫してみてはいかがでしょうか?
この秋おすすめの風俗映画です。普段、自分がしている職業を客観的にみてみるチャンスです。
映画『風俗行ったら人生変わったwww』 インターネット掲示板2ちゃんねるに投稿されるや反響を呼び、単行本化もされた純愛物語を映画化されたもの。
29歳童貞男が初めて行った風俗店で心優しい風俗嬢に恋したことから、彼女の人生を救おうと奮闘する姿を描いている作品です。
何事もすぐに諦めてしまう自己完結型の主人公には、満島ひかりの弟で 映画初主演となる満島真之介、ワケあり風俗嬢に佐々木希がふんする。
コメディタッチで描いていて、みているだけで楽しくなってしまいます。
29歳の童貞男・遼太郎(満島真之介)は、自分を変えるため初めて風俗店へ行くが、緊張のあまり過呼吸になってしまう。
そこで介抱してくれた風俗嬢かよ(佐々木希)に心を奪われた遼太郎は、彼女と親しくなるにつれ、なぜ風俗で働くのか疑問を抱く。
やがて遼太郎はインターネットで知り合った仲間たちの応援を得て、風俗嬢として働くかよを何とかしようと立ち上がるという物語。
感動あり、笑いありと盛りだくさん!
主人公は、あなたと同じ境遇で共感できるかもしれませんね。

暗闇から手をのばせ

グラビアアイドルとして活動し、女優としても活躍する小泉麻耶がデリヘル嬢を体当たりで演じた人間ドラマです。
在宅身体障害者向けの風俗嬢として働くヒロインが、彼らと出会うことにより新たな第一歩を踏み出す様子を描いているのが見どころ。
おおまかなあらすじとして、沙織役の(小泉麻耶)は、そんなに大変ではないだろうという単純な理由で、障害者専門の派遣型風俗店ハニーリップで働くことを決める。
出勤初日、彼女は店長(津田寛治)がハンドルを握る車で落ち着いたたたずまいの住宅地へと向かうと、そこで彼女を待っていたのは、全身に見事なタトゥーを入れた34歳の進行性筋ジストロフィー患者の水谷(管勇毅)だった。
その二人の人間模様が目が離せない。
風俗嬢のあなた!とても背景が複雑になりますが、いい作品ですので ぜひ、おすすめです。
「暗闇から手をのばせ」 2013年の作品になりますが、今見ても新鮮な気持ちで
観れますよ。
風俗嬢だからこそ、共感できて、風俗嬢だからこそ、みておきたい2作品。
ぜひ、この秋を映画鑑賞でお過ごしください。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP