トップページ > 広島風俗特集記事 > 「完全自由出勤」ってどういう意味?

「完全自由出勤」ってどういう意味?

風俗の求人広告を見ていると、「完全自由出勤」という文字を目にしたことありませんか?
出勤スケジュールを自由に組めるといっても、どのくらい自由なのか気になるところですよね。
行きたいときに出勤して帰りたくなったら帰ってもいいの?そう思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

シフトの組み方

一般的な仕事も大体はシフト制ですよね。
前もって、次の月はこの曜日とこの曜日、何時から何時まで入ると決めると思います。
風俗の仕事も基本はこれと同じなのですが、ただシフトの組み方がかなり好きなようにできるのは確かですね。
完全自由出勤」なら、月曜~水曜出勤した翌週は、まるまるお休み、その翌週は週の後半出勤なんていうスケジュールを組むことも可能なのです。
毎回同じようにシフトを組まなくてもいいので、これはかなり便利なシステム。
極端な話、今月は月二回しか出勤できないというのも完全自由出勤なら許されるのです!ただ、入店してすぐにこれはやらないほうがいいでしょう。
お店になれて指名客もついてからにしないと、自分がきつくなります。
津今月末はまとまったお金がほしいというときは、ガッツリとシフトを組んで、とフレキシブルにシフトを組めるのは、嬉しいですよね♪

さらに、シフトを確定する期限も結構ギリギリでも大丈夫なところが多いです。
出勤できるといっていた日がどうしてもダメになってしまった場合も、事前に連絡をきちんとしていれば理解してくれます。当日になって「いけなくなりました。
ごめんなさい」は避けたいところですが、「当日になって出勤できることになった」は大丈夫なことが多いです。
ただし、無店舗型の場合ですが。

当日の無断欠勤は絶対にNG!

そして絶対にやってはいけないのは、「当日の無断欠勤」です。
これだけ自由に組める「完全自由出勤」なのですから、お店に迷惑をかけるようなことはやめましょう。
かりにあなたに予約が入っていた場合、それをキャンセルしないといけないので、お客さんにも嫌な思いをさせてしまいます。
当日の無断欠勤を繰り返していると、お店側もあなたのことを売り出そうとしなくなるのは当たり前。
そうすると稼げなくなるし、お店にいるのも…となるパターンが多いよう。
罰金やクビとまではいかなくても、自分からやめていってしまうのです。
こうならないためにも、当日の無断欠勤はやめてください。
完全自由出勤」は、風俗の仕事ならではのシステムです。上手に活用して、自分らしく無理のない働き方を。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP