トップページ > 広島風俗特集記事 > 色恋営業ってあるの?

色恋営業ってあるの?

風俗嬢の中には、色恋営業をしている女のコもいます。
お客さんに対して、気があるようなそぶりをみせて、指名客をリピート客を確保しようとする色恋営業。
お客さんの中には、もしかして自分のこと好きなんじゃないかって勘違いする方もいます

「貴方だけ」特別感をアピール

では、色恋営業って、具体的にどんなサービスやトークをしているんでしょう。
「貴方だけは特別だから…」
「貴方だけはお客さんと思えない…」などという言葉はもちろん、
プレイ中は恋人のように密着したりと、「貴方だけは」という特別感がお客さんの心をくすぐるのです。
「寂しい」「会いたい」「大好き」「会いに来て」とか、お客さんをその気にさせてしまう言葉ばかり。
そんな言葉を言われたらお客さんの中には、自分のこと好きなんじゃないかと勘違いする方もいるのも事実。
そして、もっと通えばいい関係になれるかもとか、自分にとっていい妄想ばかりしてしまうわけです。
勘違いしたお客さんはそのコ目当てで、お店に必要以上に通ってしまい、散財してしまうことに。

メールでも色恋営業

そして、色恋営業はメールでもあります。
お気に入りの風俗嬢とメールアドレスの交換をして親しくなりたいと思うのが、男性です。
お店から連絡先の交換を禁止されている女のコもいれば、気軽に教えてくれるコもいますが、中には自分から積極的に「メールしてもいい?」というコもいるそう。
これに、ひっかかってしまう男性がいかに多いことか。
ここで、メールアドレスを教えてしまうことで、色恋営業がエスカレートしてどんどん深みにはまっていく男性もいる一方、実際女のコと仲良くなって食事や映画などデートできたという男性もいます。
とはいっても、やはりそこまで仲良くなるには、それなりにお金をつぎこんでいないと難しいですよね。
女ノコも自分の稼ぎがかかっているので、巧みに色恋営業します。
男性が本気になって足しげく通っても、ある日突然女のコがいなくなっていることもあります。
「お金がたまった」「ほかのお店にうつった」など理由はさまざまですが、風俗の仕事をしているコはいろんな事情を抱えています。
早くお金を稼いで風俗をやめたいと思っているコが大半だし、そのためには色恋営業も必要なのでしょう。
ズバリ、色恋営業は、男性に「お金を使わせること」が目的なので、ロングや延長をお願いしたり、お店に何度も来てほしいといいます。色恋営業も、風俗嬢の仕事の一つ。
もちろん必ずしないといけないものではないですが、リピーター客や指名客を増やしたいときは、色恋営業をしてみてはいかがですか?

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP