トップページ > 広島風俗特集記事 > 「バンス」に要注意

「バンス」に要注意

風俗の仕事を探しているとき、「バンスOK」というのを見たことありますか?
「バンス」というのは、お金を前払い・前貸しするという意味です。つまり、お店に借金をするということ。
ですから、「バンスOK」というお店だからといって、気軽に借りようなんて思ってはいけません。
そもそも、風俗営業者が従業員となる人にお金を前払いすることは、風営法や売春防止法で禁止されているんです。
なので、バンスOKのお店はやめたほうがいいでしょう。法律違反です。
それでも構わない、このお店がいいと入店する人は、もしかしたらバンスの制度を利用してしまうかもしれませんね。
一般的にバンスの相場は、10~20万と言われています。お店も、誰にでも貸すわけではないようで、信頼できると思った女のコにしか貸さないようです。
とはいっても、やはりお金を持ち逃げされたら困るので、20万以上は出さないのでしょう。

「何のために風俗を始めたか」を忘れずに

風俗の仕事を始める人は、大半がまとまったお金がほしい人が多いはず。
目的は借金や開店準備、などそれぞれだと思いますが、実際働き始めてこれまでもらったことがないような、まとまったお金を手にすると、浮足立ってついホストクラブに行ったり派手に使ってしまう人も少なくはありません。
慣れない仕事でストレスや疲れがたまって、お金を派手に使いたくなる人もいるようです。
でも、これまでの仕事の何倍ものお金が入ったからといっていきなり派手な生活にすると、どんどんお金はなくなっていきます。
どうして風俗で働くことにしたのか?きっとお金が必要だから、ですよね。その目的をしっかりと忘れずにいることが、無駄遣い防止になり、バンスで前借りしようと思わないことにも繋がります。
専用の口座を作って積立貯金にするのも、励みになるかもしれませんね。

甘い誘惑こそ裏がある

女のコの「お金がほしい」という気持ちを巧みに利用して、法律違反にも関わらず「バンス」制度で甘い誘惑をしてくるお店もあります。
ですが、一度バンスで前借りすると、借金を返すために働き、ストレスでまた借金し、と風俗の世界から抜けられなくなってしまいます。
また、バンスという制度を使ったがために、週五日勤務など義務付けられたりとお店のいうがまま働くことになることも。
とにかく、バンスという制度を使わないようにするのが一番です。
目標金額を稼いだらすぐに風俗をやめるためにも、バンスには気を付けてくださいね。美味しい話ほど、裏があるということを忘れずに。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP