広島の夏に向けて

冬も終わり、春に差し掛かり暖かい気候が続くようになりました。
春が過ぎたら暑い夏がやってきます。広島県では梅雨明け後の7〜9月にかけて、毎年最高気温が30度を超え、40度近くになる事もあります。
そんな暑い夏は悩みが増える季節です。
風俗のお仕事をする上で、暑さに負けない体づくりを行いましょう。

汗に注意

夏バテとは、暑さによる温度差や運動不足など様々な要因が積み重なって引き起こります。連日熱帯夜が続き眠れない、暑さで食欲がでない、汗をかく事による血液循環量・塩分の低下などが体力の低下と体調不良を招きます。
夏バテ防止として有効なのが、「汗をかきにくくする事」です。
ここで気をつけたいのが綿100%の服。これは汗を吸うと冷たくなり、体温が下がってしまいます。綿に化繊素材が混じっているものがオススメです。下着はシルクのキャミソールが肌触りも良いとされます。
洋服を買う時も店員さんと相談し、汗を吸ったりや風通しのよい服選びをしてみましょう。洋服の素材に注意するだけで効果大です!

食生活に注意

暑さからか食欲が減ってしまう夏ですが、肝心の栄養補給を怠ると意味がありません。夏バテ防止には「鉄分」「ビタミンB1」が有効です。
レバー、海藻、豚肉、大豆などが挙げられますが、これを炭水化物のご飯や麺類の炭水化物とバランス良く食べることが大切です。
また、料理に香辛料を加えると胃が刺激され、消化液の分泌が促進されます。これにより食欲が増進するのです。

水分補給に注意

風俗の仕事柄体をつかいます。その分汗もかきますが、ここで充分な水分補給を怠ると元も子もありません。
甘いジュースや炭酸飲料だけでは、糖分のとり過ぎで夏太りの原因に…
クーラーの効いた涼しい部屋で冷えた飲み物を飲んでいては体とお腹を冷やしてしまいます。水やお茶、温かい飲み物を選ぶといいでしょう。

どんなに暑くても、室内の温度は28度を目安に室外との温度差を5度以内に。
汗はこまめにタオルやハンカチで拭き取るようにしましょう。
暑い夏こそ元気に風俗のお仕事を頑張りましょう!

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP