広島の名物、穴子

広島の名物、穴子広島の名物と言えば、お好み焼きや牡蠣という人が多いのではないでしょうか?実は他にも広島の名物があるのです。
それは穴子!広島の夏の名物になってきます。
夏に広島に行ったのであれば広島の穴子丼を食べないと損と言われるほどです。
今回は広島の穴子についてお話していきたいと思います。

広島は穴子を丼にして食べるのが主流

広島ではあなご飯といって穴子を丼ものとして食べるのが主流となっています。穴子というとよくお寿司のネタでよく見かけますが、穴子一本握りなどというと、お値段も張りますが広島のあなご飯は穴子を蒲焼きにして『うな丼』のように食べるので穴子がてんこもり。自然豊かな瀬戸内海があるからこそこの贅沢な食べ方が出来るのです。

旬は夏ですが、実は1月中旬のものが最高といわれています。ですので1月に広島へ行く機会があったら是非穴子飯を食べてみて下さい。

穴子とうなぎ、栄養価

実は穴子はうなぎに比べて高タンパク低カロリーなんです。
もちろんうなぎの栄養価は比ではなくビタミンAにかんしては、穴子の5倍!うなぎは滋養供給の食品として昔から食べられています。
しかし、穴子も負けていません。穴子はうなぎに対してビタミンは落ちるものの、女性に嬉しい鉄分やカリウムをうなぎよりも多く含んでいます。
そして一番の魅力は、とてもヘルシーという事です。脂質やコレステロールはうなぎに対して半分!しかもお値段も安くヘルシーな穴子めしは広島で多く食べられているのです。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP