トップページ > おすすめエリア > 広島風俗求人 > 広島 広島風お好み焼き

広島 広島風お好み焼き

広島といえば「お好み焼き」です!広島の地元の味を楽しみたいなら、欠かすことのできない存在ですよね。
「牡蠣」や「もみじまんじゅう」など定番のものから、B級グルメとして台頭してきた「汁無し担々麺」など。美味しい食べ物の話題には事欠かない広島県ですが、今回はやっぱり代表格である広島風「お好み焼き」についてより詳しくお伝えしたいと思います。

そもそも、「広島風」とはなんなのか?一般的なお好み焼きとは何が違うのか?

普段、私たちが思い浮かべる一般的なお好み焼きは、おそらく「関西風」と呼ばれるものになります。生地が分厚くキャベツや肉や魚介系の具をメインに、辛口のソースで味付けしたものが「関西風お好み焼き」。一 方、生地が薄く、メインの具はそばと野菜。ソースに甘口のものを使っているのが「広島風お好み焼き」です。
「関西風」と「広島風」。具の時点で既に多少異なってはいますが、最も大きな違いはその焼き方。「関西風お好み焼き」は生地と具を全部混ぜてから鉄板で焼きますが、「広島風お好み焼き」は鉄板に薄く広げた生地の上にキャベツや肉など他の具をだんだん積み重ねながら火を通します。大量に詰まったキャベツや最後に乗せる中華そばと目玉焼きが「広島風」の特徴です。
また、お好み焼きのトッピングといえば青のり・鰹節・マヨネーズが定番かと思われますが、「広島風お好み焼き」のトッピングは青のりのみでとってもシンプル。見た目からしてかなり違いはありますが、食べてみるとよりいっそう、「関西風」と「広島風」、その違いがわかると思います。

県内どころか中国地方随一の歓楽街である「流川」には県内外問わずたくさんの人が集まる夜の街。キャバクラやクラブなど大人のお店ばかりでなく美味しいお好み焼き屋さんもたくさんあるようです。また、同じ「広島風」でもそれぞれの店舗ごとに特徴や違いがあるので、色んなお店のものを食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。
広島県に出稼ぎの際は、ぜひいつもの「関西風」ではなく「広島風お好み焼き」を味わってみてください。

以上、ソースの匂いが恋しくなる話題でした。
広島市内にある風俗店のほとんどは「流川」に集中しています。駅からのアクセスが良く、ソープランドデリヘルなど業種も様々。保証額も高額に設定されているため出 稼ぎ先として密かな人気の地です。広島風俗求人サポートからは広島市内約40店舗の優良風俗店へのご紹介があります。ぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

広島風俗特集記事

↑ PAGE TOP